部門紹介

チェーンストアを形成するスーパーマーケットには大きく分けて【店舗】と【本部】の2つの役割があります。
チェーンストアを形成するスーパーマーケットには大きく分けて【店舗】と【本部】の2つの役割があります。
店舗

お客様が商品を手に取るまでには様々なプロセスがあります。
売出しや催事の企画のための「アイデア」、それを具現化するためには「計画」。
計画を立てるためには過去の販売データや天候・地域行事・トレンドなどのさまざまな情報を「分析する力」、また、食事の提案をするためには旬や料理方法などの「商品知識」も欠かせません。

そして、いよいよ売場作り。陳列には「ルール」があります。
さらに「ルール」を超えたキラリと光る「センス」も求められます。魚や肉、惣菜などの商品加工には「技術」も必要です。
販売は“知恵と能力の総結集”ともいえるでしょう。
これらのプロセスを経て作られた売場で、元気と笑顔があふれる「接客」を通して、お客様に満足していただけるお買い物を提供できるのです。

店舗の仕事をのぞいてみよう

店舗ではどのような仕事をしているのか、部門別にご紹介します。
(看板にマウスを乗せてください)

水産
お魚を扱う部門です。
刺身や切り身などは自分たちで作ります。
はじめは難しいですが、できるようになるととても楽しいですよ。
畜産
お肉とハムなどを扱う部門です。
スライスや切り落とし、ミンチなど、お店で私たちが切っているんですよ。
農産
野菜や果物を扱う部門です。
季節ごとの旬の商品をタイムリーに販売できるように心がけています。
グロサリー
菓子やジュース、調味料などを扱う部門です。
お店の中では一番範囲が広い部門なので管理が大変です。
デイリー
たまごやパン、麺、とうふなど、毎日の食事に欠かせない商品を扱う部門です。
日付管理が重要なので発注や売り場作りが難しいです。
惣菜
コロッケやお寿司、お弁当などのお惣菜を扱う部門です。
店内で調理するので、レシピを覚えて手際よく、美しく作れるよう日々努力しています。
レジ
「万代の顔」ともいえるレジ部門です。
笑顔とスピードでお客様に気持ちよくお買い物を終えていただけるように頑張っています。
売り場
本部
営業部門
「万代の販売力」を生み出す部門。
各部門のバイヤーによる商品調達、販売計画の立案、売場作りや技術の指導、チラシ計画などの販売促進を行っています。

管理部門
店舗がスムーズに運営できるようサポートする部門。
資金の管理や調達、人材の採用と育成、店舗開発、設備の管理、お客様相談などを行っています。
また、環境やニーズの変化に対応するためのシステムや物流、新規事業など新たな取り組みの研究も進めています。